<ネットでキャッシングローンを利用する人が急増しています!安全、簡単、気軽に申込めるので初めてでも大丈夫です。銀行でお金を借りるのは非常に困難ですよね。即日振込、無利子融資、低金利・低額利子、住宅ローン、学生用、女性専用(レディース)等のキャッシングを紹介や人気ランキング、評判や口コミなどの情報を提供しています>
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
社会人でも使える進学ローン



進学ローンは子どもの学費のためだけにあるものでないんですよ^^例えば、キャリアアップや資格取得にも教育ローンは十分に活用できます。

あまり知られてはいないんです。

現代では社会人になって勉強が終わるわけではなく、長く働き続けるにも常に自分を磨き続けなければなりません。自然と教育費も必要となります。自分に投資するということですね。

職業能力開発校や専門学校で学ぶための費用でも、国民生活金融公庫の教育ローンは融資可能です。

諸条件によっては、200万円程度が一人当たりの融資に可能です。この進学ローンは学生以外でも利用可能で、固定金利型の10年ローンです。

国の公的ローンとよく似た形で民間のローンでも社会人が利用可能なものが、銀行などにはあります。

銀行などの教育ローンでは、口座の利用状況などで金利の優遇もあります。限度額は300万円程度、金利は年4%~7%と少々高めですが、個別の状況を確認してみましょう。

社会人向けの進学ローンを利用する条件には様々なものがあり、国民生活金融公庫の場合は定収入のある正社員でなければなりません。

正社員でない人、例えばパートやアルバイトは国民生活金融公庫を利用できません。学生本人の申請も認められません。そのため、もし会社を辞める予定があるならば、退職前に進学ローンの申し込みを行いましょう。会社を辞めてからでは遅いので注意してくださいね^^
スポンサーサイト
進学ローンの選び方



目的別ローンの一つである進学ローンには様々な種類があります。

まず、進学費用が足りない時に一番最初に考えるべきは奨学金です。教育費に充てるためのローンの中では、奨学金はもっともお得です。とはいっても奨学金を受けるにはいくつかの条件を満たしている必要があるんです。

教育費が足りず奨学金を利用できない場合は、進学ローンに頼らざるをえないでしょう。

進学ローンと一口で簡単に言っても沢山の種類があり、その中から自分に一番合うものを探さなければなりません。

民間や公的などよく調べる必要があります。進学ローンを比較する時は、限度額や金利、借入期間、返済までの期間、審査のスピードなどがそれぞれの会社毎に異なっています。

金融機関の窓口で担当者に直接会って申し込みをする方法が一般的ですが、電話やFAX、インターネットなどでの申し込みを受け付けている会社も存在します。

例えば国民生活金融公庫の教育ローンは低金利が特色です。融資までに多少時間がかかっても金利の低い教育ローンを利用したい時はちょうどいいでしょう。

民間金融機関の教育ローンと比べても金利は低く抑えられています。中央ろうきんの教育ローンは変動金利制で、金利は3~4%台と低く押さえられています。限度額は500万円前後となります。公的ローンに合うものがなければ、都市銀行の進学ローンも検討してみましょう。

民間のローンは秋から春にキャンペーンを打ちだして一時的に金利を下げるところもあります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。