<ネットでキャッシングローンを利用する人が急増しています!安全、簡単、気軽に申込めるので初めてでも大丈夫です。銀行でお金を借りるのは非常に困難ですよね。即日振込、無利子融資、低金利・低額利子、住宅ローン、学生用、女性専用(レディース)等のキャッシングを紹介や人気ランキング、評判や口コミなどの情報を提供しています>
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
借入れ利息のアドオン方式と実質年率方式



アドオン方式は、よくある実質年率方式とは異なる計算方法を用いる利息の計算方法です。

アドオンとは「付け足す」という意味のadd onからきた利息計算方式で、計算のわかりやすさ、見かけ上の金利の低さが特長です。

現在は消費者金融は実質年率のみの表示が法律によって義務づけられているためアドオン方式はあまり見られません。

アドオン方式とは、実質年率とは違い最初の借り入れ金額にのみ利息がつきます。例えば、100万円をアドオン率20%で融資を受けた際、100万円の20%である20万円が利息となります。そして、返済総額120万円を一年間で何回に分けて返済するかという回数で割って、分割時の返済額を出します。

計算がシンプルで理解しやすいのがアドオン方式のメリットといえるでしょう。これが実質年率で計算すると、年率20%の一年12回払いでは11万円の利息になります。計算方法がまるで違うため、同じ利息計算なのにアドオン方式と実質年率方式は違う利息額になります。

返済の残りの金額に対して利息を計算するか、一貫して最初の金額に対して利息を計算するかで差が出るのです。アドオン方式では、実質年率方式に比べて利率を低く表示できるので、ともするとお得な利率だと思われてしまいがちです。

キャッシング融資を受ける際は、利率の表示が実質年率かアドオン年率か事前に確認しておきたいものです。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。