<ネットでキャッシングローンを利用する人が急増しています!安全、簡単、気軽に申込めるので初めてでも大丈夫です。銀行でお金を借りるのは非常に困難ですよね。即日振込、無利子融資、低金利・低額利子、住宅ローン、学生用、女性専用(レディース)等のキャッシングを紹介や人気ランキング、評判や口コミなどの情報を提供しています>
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
キャッシング時は実質年率の表示を確認


実質年率を確認しておくことが、お金を借りる時は大事です。

返済が終了するまでの期間と返済の回数によって、最終的な返済総額に増減が出る計算方法が実質年率方式です。

返済総額を把握するためには、キャッシング時に返済計画を立てておくことです。実質年率とは、借りたお金を1年後に返済する時につく利息が元金の何%に当たるかを表したものです。

この利子の中には元金に対する利息の他に、融資実行までの手数料、印紙税、保証金等の全ての経費が含まれています。

実質年率は、返済に際して利息の他に発生した諸費用がある場合、全て利子として算出対象にしなければなりません。

キャッシング返済金額の内訳の中に、実質年率の他に手数料や印紙代を乗せているところは違法である可能性があります。金利を低く見せておき、返済に当たって手数料等の名目で請求額をつり上げるヤミ金融などもありますが、これは違法行為です。

法律の改正により実質年率の表示が義務づけられていますが、見せかけの低金利に騙されないようにキャッシング時には気をつけましょう。金利の内訳や返済回数、返済方法にかかわらず、各種金融表品を比較可能な表記が実質年利方式なのです。そのため、融資を受ける時は表示が実質年率であることを確認しておきましょう。

実質年率方式の弱点は計算が非常に煩雑なことです。手計算では時間がかかりすぎ、シミュレーションソフトなどを使わなければ利息が算出できません。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。