FC2ブログ
<ネットでキャッシングローンを利用する人が急増しています!安全、簡単、気軽に申込めるので初めてでも大丈夫です。銀行でお金を借りるのは非常に困難ですよね。即日振込、無利子融資、低金利・低額利子、住宅ローン、学生用、女性専用(レディース)等のキャッシングを紹介や人気ランキング、評判や口コミなどの情報を提供しています>
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
住宅ローンの借り換えの手続きや諸費用は、何から手をつけていいか迷う人もいるでしょう。

まずは情報収集が重要です。

インターネットのホームページや金融機関の資料などを使って必要な費用や手続き内容についてある程度の知識を持っておきましょう。

金融会社毎にプランが異なり、金利も特徴があります。

期間限定の借り換えキャンペーンなども積極的に調べてみましょう。

最初から一つに絞らないで、借り換えたい住宅ローンの金融機関に出かけて手続きや費用の話を聞いてみます。

諸費用や手続きの話を聞きに行く時に、あらかじめ源泉徴収票、登記簿謄本、売買契約書、現在の住宅ローンの償還票を持っていくことで窓口での話し合いがスムーズになり、借り換えがしやすくなります。

複数の金融機関で聞いた話を比較して、最も自分に合う住宅ローンを見つけましょう。

どの金融機関の住宅ローンにするか決めたら、後は手続きをするばかりです。借り換えの審査を受けることになるので、金融機関に署名、捺印をした必要書類を出します。そして住宅ローン借り換え手続きのために金銭消費賃貸契約書に署名をし、借り換えに必要な諸費用を払います。

借り換え先の住宅ローンの抵当権の設定や、前の住宅ローンの抵当権の抹消手続きも忘れずに。あらたに住宅ローンを借りるわけですから、初めに借りたときと同じように借り換えの場合にも諸費用が発生します。

主なものとして印紙税、保証料、事務手数料、登録免許税、司法書士報酬などの費用が発生します。金融機関によっては、借り換えキャンペーンなどで手続き保証料0円といったお得なサービスがあることもあります。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。