FC2ブログ
<ネットでキャッシングローンを利用する人が急増しています!安全、簡単、気軽に申込めるので初めてでも大丈夫です。銀行でお金を借りるのは非常に困難ですよね。即日振込、無利子融資、低金利・低額利子、住宅ローン、学生用、女性専用(レディース)等のキャッシングを紹介や人気ランキング、評判や口コミなどの情報を提供しています>
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
多重債務で返済ができない人が破産手続きを取る前にできうる方策として、「特定債務等の調整促進のための特定調停に関する法律」と法律があります。

契約通りに借金を返済することができない、あるいは返済すると生活が立ちゆかない人が対象となります。そして、それが金銭債務であることの二つです。

例えば、複数のキャッシング融資を受けたことで月々の返済額がふくらみ、破産寸前だとします。

特定調停は、そのような時に返済条件の見直しなどが可能です。

特定調停の申立ては、自分自身で行わなければなりません。お金を返す当人が行うものと定められています。

弁護士と研修を受けた司法書士に限り、特定調停の申し立てを代理で依頼することが可能です。

破産宣告の前に特定調停をする方法は、例えば、利息制限法で年利は18%と決められているのに、それを上回る利息をとられていたとすると、過分に返済した利息は戻してもらうことができます。

金利を見直すことで、ほとんどの場合返済総額が減額されます。

長期の返済の時は払い過ぎもありえます。特定調停によって、金利の引き直し計算をすることで、借金が大幅にカットできます。

調停をしたことで破産を免れた人もいます。「特定債務等の調整促進のための特定調停に関する法律」が施行されたことにより、借金苦で苦しんでいた人でも破産せずに返済をできるようになったことは事実です。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。