FC2ブログ
<ネットでキャッシングローンを利用する人が急増しています!安全、簡単、気軽に申込めるので初めてでも大丈夫です。銀行でお金を借りるのは非常に困難ですよね。即日振込、無利子融資、低金利・低額利子、住宅ローン、学生用、女性専用(レディース)等のキャッシングを紹介や人気ランキング、評判や口コミなどの情報を提供しています>
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
定められた期間が経つことで時効に必要な時間的な条件は成立しますが、借金の時効が適用されるには、行わなければならないことがあります。

借りた相手に時効が成立したことを宣言しなければ、借金の時効は成り立ちません。時効の利益を受けることをはっきりと相手に伝えましょう。

これを借金の消滅時効の援用といいます。消滅時効に必要な期間が既に経っていても、貸した側の消費者金融会社などはお構いなしに返済を求める電話や通達をしてきます。

期間が過ぎたからといって自動的に時効が成立したわけではありません。

そのため、払ってもらえるのなら払ってもらおうと考えているためです。

返済の要求に従って一部分でも借りたお金を返済してしまうと、期間が経過していても消滅時効は喪います。正式に時効を使って借金をなくすためには、送ったという証明が可能な内容証明郵便を使って援用をしましょう。

内容証明郵便とは、手紙の内容、日付、差出人、受渡人を郵便局に証明してもらう郵便物です。

受け取り拒否や不在時は郵便局に一旦持ち帰り、一週間経っても取りにこない場合は通知人に戻されます。

内容証明郵便を出すことで、通知した事実を公式に証明できます。

借金の時効の権利を援用するためには、このようにして消滅時効のことを相手に対して表明しておきましょう。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。