<ネットでキャッシングローンを利用する人が急増しています!安全、簡単、気軽に申込めるので初めてでも大丈夫です。銀行でお金を借りるのは非常に困難ですよね。即日振込、無利子融資、低金利・低額利子、住宅ローン、学生用、女性専用(レディース)等のキャッシングを紹介や人気ランキング、評判や口コミなどの情報を提供しています>
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
住宅ローンを組む上で大事になってくるのがつなぎ融資です。

住宅ローンは、申し込んでから実際に融資を受けるまでに時間がかかります。

今すぐに住宅購入のためにお金が必要なのに、融資の実行までに数日から数十日を要することがあります。

このように、住宅ローンの融資が実行されるまでには時間がかかるわけですが、その期間一時的に資金を調達するために行うのがつなぎ融資です。

つなぎ融資で借りてきた資金は住宅のための手付け金や建築着手金の支払いにあて、つなぎ融資で借りた資金は、後に借りてきた住宅ローンで返すという形になります。

土地の登記を行うためには手付け金が必要ですが、そのためにつなぎ融資を使います。土地の登記が完了してから、その土地を担保にすることで金融機関から住宅ローンを借りることができます。

この住宅ローンで融資を受けてから、つなぎ融資を返済します。

つなぎ融資は住宅ローンとは別に契約書が必要で、金利も住宅ローンとは別なもので、つなぎ融資の手続きや金利が別途必要になるのです。

そのため、新築の家を建てるような場合には、不動産会社がユーザーの代わりに銀行などから融資資金を直接受け取ることを条件として、代金を支払う前に登記を認めてくれることがあります。

不動産会社が代理受領をやってくれるかどうかは、その会社によって違ってきます。

従って、建築にかかる資金のうち、初期にかかる分については自分の資金を宛てるのか、つなぎ融資からの資金を使うのか、よく考えて住宅ローンを準備する必要があります。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。