FC2ブログ
<ネットでキャッシングローンを利用する人が急増しています!安全、簡単、気軽に申込めるので初めてでも大丈夫です。銀行でお金を借りるのは非常に困難ですよね。即日振込、無利子融資、低金利・低額利子、住宅ローン、学生用、女性専用(レディース)等のキャッシングを紹介や人気ランキング、評判や口コミなどの情報を提供しています>
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
つなぎ融資は銀行からの住宅ローン融資が始まるまで借りるわけですが、当然借り入れた期間の分だけ金利を支払わなければなりません。

短い期間の借り入れであるにもかかわらずつなぎ融資の金利は高く設定されていることが多いですが、これはまとまった金額を早期に必要とする人が借りるためです。

その他に借り入れのための印紙代や振り込み手数料、印鑑証明や住民票の発行にかかる経費などが発生します。

一つ一つの費用はそうでもなくても、申請に必要な経費は合計するとそこそこの金額になります。余分な出費が増えますので、住宅購入のための資金計画にはゆとりを持って取り組むことが大事です。例えば、融資の申し込みには印紙も必要にですが、金額によっては数万円必要です。

融資を受けるとして、年利2.5%を4,000万で使うとすると、毎日加算される利息は、日々2,739円ずつという計算になります。

2週間借りる場合、利息として払う金額は約46,000円です。もちろん印紙代などはこれらとは別に計上されますから、最終的にかかる費用は6万円ほどになってしまいます。

つなぎ融資を受ける際には12~15万円もの費用がかかる計算になってしまいます。今ではフラット35という住宅ローンを利用することが多くなってきていますが、フラット35は融資の開始日が月によって何日と定められています。

つまり、住宅ローンを申し込んだタイミングによっては、つなぎ融資がどうしても必要となってくるので、借入金額や返済期日を含めて資金計画を立てておく必要があります。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。